(有)三吉鈑金塗装工業/シューリーズ福山新涯店

シューリーズ広島 福山新涯店

福山港に行く通りと、芦田川大橋〜入江大橋に向かう道路が交差する大きな交差点からひとつ入江大橋側ガイアのパチンコの交差点看板が目印です。
大切なお車のこと何でもご相談ください。ネットオークションで落札した部品や、エアロパーツの持ち込みもOKですよ。

ブログ開設しました↓blog

住所 〒721-0955
広島県福山市新涯町2丁目6-18
TEL 084-953-0673
FAX 084-981-2833
メール
営業時間 AM8:30〜PM7:00
定休日 日曜・祝日・第2・4土曜
 
 

写真

鈑金塗装作業紹介 ―Work introduction―

 

フレーム修正作業

大掛かりな作業に見えるかもしれませんが、大きな衝撃を伴わない事故でもフレーム修正が必要な場合が多くあります。通称「安全ボディー」と呼ばれる構造をもった自動車の場合、衝撃を一点で吸収するのではなくゾーンで分散する特性があり、そういった場合フレームの修正が必要となる事が多いのです。

 

写真

 

 

ボディー計測作業

フレーム修正時には必ず行う作業です。主要なポイントの間の距離・感覚を「ミリ」単位で計測し、元の寸法に復元する為の作業工程を導き出します。その際重要になるのが「ボディー寸法図」です。この寸法図と言うものは自動車のボディーサイズを記録してあるもので、これがある事で「事故前寸法」「事故後寸法」を比較し高精度な修復を実現しています。当社ではボディ寸法図を収録したコンピュータシステムを導入し高精度修理に活用しています

 

写真

 

 

本格塗装ブース

自動車の修理後、塗装(ペイント)を施しますがその際重要になるのが塗装を行う環境です。大気中にはチリ・ホコリ等が浮遊しており大気中での塗装作業では塗装面にそれらホコリ等がついてしまう事も考えられます。また、大気中での塗装は塗料内の有機溶剤を大気へ拡散させてしまう懸念もあります。そこで当社では塗装ブースを導入し高品質、低環境負荷の作業環境を作っております。

 

写真

 

 

作業中の自動車

この白い車、ところどころ灰色になっているのがお解かりいただけますでしょうか?この灰色の箇所が修理箇所です。 キズやヘコミがあった箇所を修正しキレイに表面を平滑にして塗装するのですが、この車は塗装前の状態です。

 

写真

 

 

パテ塗り

車のキズやヘコミの修理には様々な方法があります。引っ張る、たたく、絞る・・・なかなかなじみのない言葉かもしれませんが、要はキズやヘコミ=鉄板の変形・伸びと考えていただければいいのではないでしょうか。そのキズを直す作業の最後の工程が「パテ塗り」です。当社ではこのパテをできる限り薄くする事に注力しております。また最新の自動車素材である高張力鋼板に対応した専用パテも用意してテンション(張力)を保持した修正を可能にしております。

 

写真

 

 

マスキング作業

自動車の塗装前に行う「目隠し」作業です。一見すると簡単に見えるかもしれませんが実は非常に置くが深い作業です。この作業で塗装に品質が変わってしまうほど重要な作業ですので作業員も毎回緊張感を持って作業に取り組んでいます。自動車の塗装はスプレーガンという器具を使用して霧状に塗装しますのでしっかりとしたマスキングが必要です。

 

写真

 

 

鈑金作業中の自動車 1

リヤゲートを鈑金修理作業中の写真です。作業員の右手のハンマーが見えますでしょうか?ヘコミやキズで凹凸が出来たボデーをハンマー1つで仕上げてゆく作業はまさに職人芸です。たたく箇所、力加減、角度その全てに意味があり、イメージした通りに体が動き修理が進む・・・古くさいかもしれませんが当社は匠の技術を大切にしてまいります。

 

写真

 

 

鈑金作業中の自動車 2

上の写真を角度をかえて撮影したものです。工場内にはカンカン・コンコンとリズミカルなハンマリングの音が響いています。ボデーをたたくと言いますが、けっして「ゴンゴン」「ガンガン」ではなく「カンカン」「コンコン」とたたきます。お客様の「大切なお車」を「大切に扱う」事当たり前のことを当たり前に地道に行っております。

 

写真

 

 

塗装作業中の自動車 1

塗装ブース内で塗装作業中の自動車です。ブース内は空気圧が調整されブース外からの空気が進入しないよう工夫されております。すなわちチリやホコリの進入を防いでいます。もちろんブース内に取り込む空気は特殊なフィルターを通ったホコリを除去したキレイな空気です。

 

写真

 

 

塗装作業中の自動車 2

塗装ブース内で塗装作業中の作業員(スプレーマン)です。ブース内では塗装に最適な空気の流れになるよう調整されておりその事で高品質な塗装ができるようになっております。しかしながら何より重要なのはスプレーマンの腕です。調色作業・塗装作業全ての作業が一台一台にあわせた「オーダーメード」作業です。気温や湿度にも左右される作業を安定的にさせる為にも塗装ブースは必要かつ重要な設備です。